読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の経験がだれかの役に立つ: My experiences help someone

私が経験したこと、知ったことをつづり発信します。だれかにとって有益な情報になればとの思いを込めて。

初めてのネイルサロン

先日、結婚式のために人生で初めてネイルサロンに行きました。

ネイルサロンなんて気にしたことなかったですが、ネットで検索するとたくさんありました。ホットペッパービューティに載ってるだけでも多かったです。その他、商業施設に入っていたり、路面店もあります。チェーンで展開しているサロンもありますが、少人数のスタッフでマンションの一室でやっている場合もあります。

どれがいいのか素人にはわかりません。

私は家の近くの商業施設に入っているネイルサロンを覗いて、チラシをもらってきました。「ブライダルコース」15000円があったので、後日電話で予約しました。電話では「今はお爪に何もついてないですか」と確認されました。マニキュアのネイル(サロンではポリッシュと呼ぶみたい)がついている場合、自分でおとしていくか、お店で落としてもらうかになるようです。お店にお願すると費用が発生します。

当日店に行くと同い年くらいの女性が対応してくださいました。入店から退店まで、ずっとこの方が対応してくれたため、他の方とは一切話さなかったです。担当者さんと気があうかが重要だなと思いました。

ブライダルコースの内容をさくっと説明されましたが、分からない用語が多くてあまり理解できませんでした。ネイリストさんが言うには、ブライダルコースでもいいけど、そのコースの場合、施せるデザインはここにある4つのみです。他のデザインならブライダルコースではなく、普通の(?)コースになります、とのことでした。また、色は無料で変えられます、とのこと。色を変えちゃったらかなり印象かわるけどな~と思いながら、サンプルを見せてもらいました。いろんなデザインがありました。私はベージュ、ピンク、ホワイトのどれかをベースのデザインと決めていました。しかし、色は変えられるとのことなので、デザインに着目しながらみました。先端にラメが入っているもの、薬指だけ花柄のもの、爪の根元にストーンがついているもの・・・・いろいろありました。

 

ネイルってすごいですね。

 

ネイルに興味のない私は考えたこともなかったですが、ネイルで季節感を出す方もいるらしく、今はハロウィンのサンプルが複数ありました。

私はブライダルコースではないデザインを選びました。人差し指と薬指だけラメのラインが入って、ストーンが乗るタイプです。

 

デザインを選ぶ前に、すでに施術は始まっています。まずはじめに、両手の爪を確認されました。長さをどうするかの質問がありました。クリームが入ったビニール手袋みたいなのをつけて、ぬるま湯に手を入れるよう言われました。手を温めてクリームを浸透させるようです。その後、ビニール手袋の指の先端のみを切って指を出します。クリームを拭きとったら爪を切って、先端をやすりでけずりながら形を整えてくれました。指一本一本、丁寧に丁寧にやすりで整えていきます。反対の手も同じようにして、最後に手を洗います。このあと、甘皮をグググとよせられ、小さな爪切り?毛抜き?みたいなもので甘皮を取り除かれました。そして、先ほどとは異なるやすりで爪の表面を磨かれました。この作業、かなり丁寧にやってました。これがちゃんとできてないと、あとで困るのかもしれません。

ネイリストさんは手を動かしながらも私に話しかけてくれました(みんなそうなのか不明)結婚式のこととか、私のこれからの新婚生活のこととか、根ほり葉ほりというほどでもなく、とは言えそれなりに興味を持った様子でした(本音はわからないけどね)。また、彼女の経験とか身近な方の話しなどもしました。私が人見知りしないタイプというのもあると思いますが、最後まで和やかな雰囲気で過せたことはよかったです。合わないタイプのネイリストさんだと、いくらネイルの腕前がよくてもつらいかなと思いました。

表面のやすりがおわったら色の確認作業に入りました。私が色のイメージを伝えると2色を混ぜた方がいいとのことで、アルミホイルの上で2色の絵の具みたいなものを混ぜ始めました。量は少なかったですが、これが、後々10本の指に塗られるわけです。実際爪に色を載せて問題ないことを確認したら、それは一度おとして、下地から塗り始めました。指2本ずつ塗っていきます。右手の2本に塗ったら、紫外線マシーンの中に右手を入れます。光があたっているのは1分位でしょうか。短いです。ジェルネイルとは、紫外線に当てることで硬化するものなので、紫外線に当てなければずっと絵の具のような状態です。ネイリストとしてはやり直しができるから、ポリッシュよりやりやすいかもしれませんね。2本の指に塗って硬化、その間もう片方の手の2本の指に塗る、硬化。また2本塗る硬化・・・親指だけは1本ずつ塗って硬化しました。下地をすべての指に塗ったら、色を塗ります。色も2本ずつ塗りました。色は2度塗りでした。さらに私の場合は人差し指と薬指の計4本にラメのラインを入れます。ラメの粉(?)みたいなものを透明のジェルに混ぜて筆で爪にラインを描いていきます。そのあとパールとスワロフスキ(?)を載せて硬化しました。最後のトップコートは数種類あり、私はオーロラのラメ入りを選びました。

塗って、硬化して、塗って、硬化して・・・

この繰り返しです。

すべての塗り作業が終わったら、爪の根元に乾燥っを防ぐオイルを塗り、手全体にハンドクリームをつけて終わりました。すべての作業が終わるまで、入店から2時間かかり、費用は9500円でした。

初めてのネイルサロンの感想は、爪のケアをしてもらっているときは気持ちいいです。今までセルフケアをまともにしてこなかったからか、とてもきれいになりました。ネイルアートをしなくても、やすりで削ったり形を整えることで、指先がきれいになるのは気持ちいいです。だから私は、ネイル直後は「これ、ハマるひとの気持ちわかるわ~」でした。通う人は3週間に一度行って、古いものを落として新しいネイルにするようですが、その気持ちわかります。だって楽しいもん

ただ、この感動はほんの数時間で消えました。確かに指先が美しいのは気持ちいのですが・・・それ以上に違和感があります。爪が気になってついつい触ってしまいます。これは慣れればいいのでしょうけど、私はなかなか慣れませんでした。また、爪の先端の表面にジェルが載っているせいで、かゆいところをかいたときに気持ちよくありません。丸まったもので掻くので刺激が弱いです。あと、爪に載せたスワロフスキが何かに当たります。自分の爪に何かが載せてあるという状況が初めてのため、ついついせまいところに人差し指を入れようとして当たる・・・ということがあります。また、料理をするには不便です。ネイルサロンからは、料理の時はビニール手袋をしてくださいと言われました。でもビニール手袋をしながらの料理はやりづらいです。

指先がきれいなことは気持ちいいですが、実用性に欠けるということを実感しました。私は、ネイルは結婚式のためだけと決めいていましたが、実際にやってみて、改めて確信しました。日常生活には向きません。不便です。