読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の経験がだれかの役に立つ: My experiences help someone

私が経験したこと、知ったことをつづり発信します。だれかにとって有益な情報になればとの思いを込めて。

結婚式の装花

結婚式の装花は、自分が決めるときになって「今まで出席した結婚式、どんなかんじだったっけ・・・」と思うものかもしれない。よほど花に興味があるとか、結婚式を長年夢見ている人でないと、誰の結婚式がどんな花だったかなんて覚えていない。

花はテーブルクロスとの相性が重要なため、クロスの色と花の色や種類は同時に検討することになる。

私がお世話になった式場によると、テーブルクロスの色で多いのは白系とダーク系だと言う。白と言っても真っ白、オフホワイト、アイボリーなどがあるので、それらをまとめてここでは白系と表現する。また、ダーク系とはネイビーや濃い目のブラウンのこと。祝い事なのでさすがに黒を選択するカップルは少ない(または会場自体に用意がない)と思うが、ダーク系は人気だという。

一般的に、新婦が30歳を超えているとかわいい雰囲気を敬遠して、ダーク系のテーブルクロスに白&グリーンの装花というのが多くなるようだ。

一方30歳以下の新婦は白系のテーブルクロスに白&ピンクの花という演出になりやすいらしい。

 

私個人としては、ダーク系のテーブルクロスは会場全体が暗くなるのであまりよくないと思う。会場におけるテーブルクロスの面積はそれなりなので、テーブルクロスをダーク系にすると会場全体がどうしても暗く、重たい雰囲気になる。重厚感を演出したいのかもしれないが、出席者の多くがダーク系の服に身を包んでいることからも、テーブルクロスは明るい色の方がいいように思う。

 

余談だが、最近女性出席者の衣装は、ダーク系(黒、紺、濃い目のグリーン)が多くて残念だと私は思っている。男性はどうしてもダーク系のスーツになってしまう。ダーク系以外を着れるのは女性だけなので、女性だけでも明るめの色の服(着物含む)を着て、全体の雰囲気を明るく華やかに、そして祝い事にふさわしい雰囲気にしたほうがいいと思う。女性の列席者もまた、30歳を超えると「かわいい色は似あわない、もう落ち着かなきゃ」という気持ちがうまれるせいか、どうしてもダーク系になる。それによって列席者全体がダーク系になるのが私は嫌なので、明るい色の服を着るようにしている。(余談おわり)

 

ピンクや黄色のテーブルクロスに抵抗があるなら、季節によってはミントブルーやワインレッドなどでもいいと思う。私は黄緑色のテーブルクロスに、黄色、オレンジ、白の花にした。明るく元気な雰囲気を演出できたと思う。

ピンクはかわいい、赤は大人っぽいなど色によるイメージはあるが、装花は使う器や花の種類によっていくらでも演出できるので、「赤を散りばめつつ、かわいらしく」という演出も可能だと思う。自分だけで考えずに、装花担当者に遠慮なく聞くのがいいと思う。

私は装花をイメージするために、ネットで「結婚式 装花」などと検索したが、あまりいい画像が出てこなかった。手元にゼクシィがあるなら、各会場の広告を見てみよう。広告に使われる写真は花をモリモリに盛っているが、イメージするには役立つ素材だと思う。

自分が気に入った演出、イメージに近いものをいくつか切り抜いて装花担当者に見せるとイメージを伝えやすいと思う。言葉だけだと伝えるのがむずかしいので。