読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の経験がだれかの役に立つ: My experiences help someone

私が経験したこと、知ったことをつづり発信します。だれかにとって有益な情報になればとの思いを込めて。

メイドさんを雇う(2)

うちの場合は、週3日勤務、120分、90分、90分の週5時間で3,000ルピーを支払います。これに加えて、3か月に一度1,000ルピーを渡します。これらは面接のときに合意してもらった給与です。

現在のバンガロールではこのくらいが妥当なようです。ただし、ボーナスは年に1回で毎月の給与がもう少し高かったり、支払いのルールは雇用主によって異なるようです。

私のメイドさんはかたことの英語を話します。仕事上の私とのやり取りでは支障がありません。もっと英語が上手なメイドさんなら高くなるかもしれませんし、まったく英語が話せない(雇用主が現地語で伝えることになる)メイドさんならもう少し安くなるのかもしれません。また、料理もお願いするとなると、日本人好みの食事を作れるメイドさんになるので単価は上がることでしょう・・・

 

メイドさんの時間に対する意識は日本ほど正確ではありません。決められた時間から5分10分遅れることはしょっちゅう・・・そんなわけで、うちでは毎回、業務開始時刻と終了時刻を本人にメモしてもらっています。

日付、開始時刻、終了時刻、メイドさんのサインをしてもらって、そのあと私が内容を確認してサインします。エクセルで表を作ってプリントアウトして使っています。5分10分遅れた際は、その分延長して働いてもらうことがあります。しかし、うちの場合はお願いした掃除が終わったら基本的には終わりというスタイルなので、90分勤務の日でも、80分ですべてが終わればそのまま帰すこともあります。その辺は臨機応変に対応しています。うちのメイドさんは、いつもの仕事が終了時刻より早く終わるとAny work?(ほかに仕事ある?)と聞いてくれます。時間内はきちんと働こうという姿勢が見えて気持ちいいです。でも大抵の場合はないので、ないよ、今日は終わりでと伝えます。

また、給与やボーナスを渡した際は必ずその場で金額をチェックしてサインをしてもらうようにしています。あとでもらってないと言われると困るからです。うちのメイドさんは感謝しながら受け取ってくれるので、そんなこと言いそうにないですけど念のためです。

 

ここまで書くといいメイドさんに巡り合えたように思われるかもしれませんが、勤務初日に給与アップを依頼されました。他のお宅からはもっともらっているとのことでした。私は戸惑って「夫に話すね」と言って保留にし、メイドさんを紹介してくれた友人に相談しました。友人が言うには、最初の一年は3,000ルピーで、二年目、三年目と上げて、今は4,000ルピー払っているとのことでした。

給与を上げたのは、メイドさんがきちんと仕事をして信頼を獲得できたから。うちではまだその状態に達してないので、次の勤務時にその旨を伝えました。どんな反応をされるかドキドキしながら伝えましたが、「OK」とのこと・・・拍子抜けです。

契約書に、最初の3か月はトライアルと明記していたのでそれを見せることであっさり了承してくれました。こういう時のためにも、契約書の作成はした方がいいと思います。

また、そのメイドさんを雇っている日本人に紹介してもらったからこそ、このような時にその方に相談できます。メイドさんを雇うときは、雇っている日本人に紹介してもらうことをお勧めします。