読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の経験がだれかの役に立つ: My experiences help someone

私が経験したこと、知ったことをつづり発信します。だれかにとって有益な情報になればとの思いを込めて。

ビールがおいしくない

私がビールを好きになったのは入社して3年目くらいの頃。

それまではビールの苦みも炭酸も苦手でした。ある夏の日、学生時代の先輩たちとビアガーデンに行くことになりました。ムシムシ暑い東京の土曜の夜、九段会館の屋上で開催されていたビアガーデン。とりあえず一杯目だけはビールにしました。

すると・・おいしい。

それまで苦手だったのがうそのように、ビールをおいしく感じました。暑さのせいか、野外の解放感か、理由はわかりませんがビールがおいしかったです。そのあともビールを飲み続けました。これが私が「ビールおいしい!」と思った日のことです。

その後私はビール党になり、飲み会と言えばビールを好んで飲みました。ビールがないお店はほとんどないので、お店に困ることもありませんでした。ここ4年くらいは、自宅で一人晩酌もするようになりました。金曜日の夜はちょっとおいしいおつまみを作って、シャワーを浴びて、一人でビールを楽しむ。とっても幸せで満たされる時間でした。

 

仕事を辞めて、実家に帰って、実家の両親が毎晩少し晩酌するので、私も付き合うようになりました。350ml缶一本程度です。最初はおいしく感じていましたが、ここ2ヶ月くらいおいしくないのです。不味いわけではないけど、以前の様な「プハーッ、おいしい!」という感覚がありません。体調の変化とかいろいろ考えましたが、原因は「仕事をしてないこと」でした。

今の生活にも多少のストレスはありますが、仕事ほどではありません。今の生活にあるストレスは、ある程度想定できるストレスです。

しかし、仕事におけるストレスには、想定できないものもありました。常に新しいことに挑戦しているので、どんな負荷に出会うか想定できません。それ故、予想より大変だった時に肉体的にも精神的にも疲れました。悔しかったり、イライラしたり、納得できなかったり・・・これらの負の感情が、ビールをおいしくしていたと思います。

 

ビールをおいしく飲むには仕事しないと。